楽天、Yahoo!お米のレビューランキング日本一を獲得!!

川越の五ッ星お米のマイスターのいる米問屋 小江戸市場カネヒロは毎週土日特売です。

農水省認定 農産物検査員がいるお店。

農産物検査員とは国が認定する

行政資格です。 等級検査はだれでも

検査できるものではなく、

食糧事務所の視察のもとで厳しい

体制のなか農産物品位評価の

証明行為を行っております。

お米のプロ集団です。業務用米も是非、ご相談ください。

日本食の良さを見直しましょう。

金子宏

【楽天市場】川越より信頼のお米を食卓へ:小江戸市場カネヒロ[トップページ]

「店長」兼「精米」を担当している若林 尚志 です。 たくさんあるお米屋さんの中から当店にご来店頂きありがとうございます。 「小江戸市場カネヒロ」では、農家の皆様から丹精込めて作って頂いたお米を自社便で買い付け、自社倉庫で、細心の注意を払って保管し、温度や湿度等に も配慮しお米を最適な状態で倉庫から直接お客様にお届けしております。 お店に商品(お米)を出す前には、必ず自社独自でも、放射能検査を実施。精米はお米マイスターが季節ごとの気温などの変化や、お米の特性に適した精米 方法により、米粒の削り具合を微調整しながらお米の美味しさを最大限に引き出せるように日々行っております。是非お米本来の美味しさを、そして感動を体験してくださ い。  新着!! 秋田県産淡雪こまち 玄米10kg・白米9kg(10kg×1袋) 特別栽培米 【分搗き精米無料】  新着!! もちもちセット (北海道産ゆめぴりか+千葉県産ミルキークイーン) 白米10kg(5kg+5kg)  新着!! さっぱりセット (北海道産ななつぼし+秋田県産あきたこまち) 白米10kg(5kg+5kg)  新着!! さっぱりもちもちセット (秋田県産あきたこまち+千葉県産ミルキークイーン) 白米10kg(5kg+5kg)  新着!! 山形県産つや姫 玄米10kg・白米9kg(10kg×1袋) 特別栽培米 【分搗き精米無料】  新着!! 山形県産ミルキークイーン 玄米10kg・白米9kg(10kg×1袋) 特別栽培米 【分搗き精米無料】  新着!! 山形県産ササニシキ 玄米10kg・白米9kg(10kg×1袋) 特別栽培米 【分搗き精米無料】

www.rakuten.co.jp

遺伝子組み換え食品以外にも、「食の安全・安心」に関わることで、アメリカから規制緩和を求められていることはあるのでしょうか?

私たち消費者にとって懸念されることといえば、農薬と食品添加物の問題でしょうね。

特にアメリカが不満をもっているのは、ポストハーベスト農薬と言われ、収穫後の農産物に使われる殺菌剤や防かび剤などへの規制です。収穫前に散布する農薬と比べて農作物に残留しやすいことから、日本ではポストハーベストの使用は禁止されています。

日本の残留農薬基準は世界一厳しい水準で、すべての農薬成分について作物ごとに基準値が設けられています。2002年に中国産冷凍ほうれん草から基準値を上回る農薬が検出され問題になりましたが、そのときの農薬「クロルピリホス」も、コメについていえば、日本の基準は0.1ppmに対してアメリカはその60倍の6ppmとなっています。単純には比較はできませんが、残留農薬の基準は日米で大きな隔たりがあることは事実です。この基準の違いを貿易の大きな壁だと考えるアメリカは、当然ポストハーベスト農薬の使用規制緩和を要求してくるでしょう。

高濃度の残留農薬は発がん性などの危険が指摘されていますが、同じように食品添加物も子どものアレルギーなどで問題になっています。食品添加物はすでにあらゆる加工品に使われていますが、規制が緩和され、いままで日本では許可されていなかった添加物が大量に入ってくるとしたら、それも不安です。

食品添加物に関しても、日本の基準は非常に厳しいといわれています。

現在、日本で使用できる食品添加物は約800種類、それに対してアメリカでは約3000種類の食品添加物が認められています。3000種類の食品添加物がいきなり解禁されるということはないにしても、アメリカがかなり強硬に基準値の緩和を求めてくるのは明らかです。

遺伝子組み換え食品以外にも、「食の安全・安心」に関わることで、アメリカから規制緩和を求められていることはあるのでしょうか?

私たち消費者にとって懸念されることといえば、農薬と食品添加物の問題でしょうね。

特にアメリカが不満をもっているのは、ポストハーベスト農薬と言われ、収穫後の農産物に使われる殺菌剤や防かび剤などへの規制です。収穫前に散布する農薬と比べて農作物に残留しやすいことから、日本ではポストハーベストの使用は禁止されています。

日本の残留農薬基準は世界一厳しい水準で、すべての農薬成分について作物ごとに基準値が設けられています。2002年に中国産冷凍ほうれん草から基準値を上回る農薬が検出され問題になりましたが、そのときの農薬「クロルピリホス」も、コメについていえば、日本の基準は0.1ppmに対してアメリカはその60倍の6ppmとなっています。単純には比較はできませんが、残留農薬の基準は日米で大きな隔たりがあることは事実です。この基準の違いを貿易の大きな壁だと考えるアメリカは、当然ポストハーベスト農薬の使用規制緩和を要求してくるでしょう。

高濃度の残留農薬は発がん性などの危険が指摘されていますが、同じように食品添加物も子どものアレルギーなどで問題になっています。食品添加物はすでにあらゆる加工品に使われていますが、規制が緩和され、いままで日本では許可されていなかった添加物が大量に入ってくるとしたら、それも不安です。

食品添加物に関しても、日本の基準は非常に厳しいといわれています。

現在、日本で使用できる食品添加物は約800種類、それに対してアメリカでは約3000種類の食品添加物が認められています。3000種類の食品添加物がいきなり解禁されるということはないにしても、アメリカがかなり強硬に基準値の緩和を求めてくるのは明らかです。

五ツ星お米マイスターのいる米屋

楽天、Yahoo!でお米のレビューランキング日本一を獲得!! 川越の五ツ星お米のマイスターのいる米屋 小江戸市場カネヒロは幸せなお米運びます。

0コメント

  • 1000 / 1000